【大地飼い 自然卵】のこだわり
 
 200羽以下という、ごく少数羽のみ育ています。
 少数羽だからこそ、こだわり抜いて自信を持ってお届けできる卵があります。

 「鶏の本来持っている生命力を引き出すこと」
 それが仕事です。

 畑の野菜・米ぬか・飼料米を食べて育ち、その糞は畑の肥やしとなります。
 寺町畑が持続可能な百姓であるために、大きな役割を持っています。


 


 



◆「ゴトウもみじ」という品種◆


 
できるだけ自然に近い環境で育てるためには、採算重視の鶏ではなく、生命力の強い鶏が適しています。

 寺町畑の鶏は「ゴトウもみじ」。

 日本の採卵鶏の中でほんの数%、数少ない純国産種です。

 産卵数は少ないですが、体格が大きく、うちのように厳しい環境でも元気に育ってくれます。

 その卵は味も良く、「究極の卵」として漫画『美味しんぼ』に登場したことでも有名です。

 


◆「土」の上で生きるということ◆
 
 
 鶏を見ていると、土をクチバシで突いては、小石を食べたり虫を食べたりしています。
 鶏の消化能力は弱く、小石を腹の中に溜め、消化の手伝いをしてもらう必要があるのです。

 また、土に寝転がり、体中に土を浴びます。
 「砂浴び」と言い、体をきれいにしているのです。


 本来、鶏は、「土」とは切り離せない関係にあるのです。

 しかし、ほとんどの養鶏場では、効率良く飼育するために、金網のカゴを何段も立体的に配置するため、土に接することはできません。
 これを「ケージ」飼いといい、日本のたまごの95%以上を占めます。1羽当たり、A4用紙ほどの広さでケージの中で飼育されます。


 寺町畑では、「平飼い」で飼育し、土の上で自由に歩き回り、ストレスなく元気に生きられるようにしています。

 「平飼い」と一言にいっても、1羽当たりの広さの規定がない日本では、ケージ飼いと大差ないことも・・・。
 
 最新の養鶏場は1坪100羽以上飼育しているそうですが、寺町畑では、最高でも6羽/坪としています(現状は3羽/坪)。

 
 

◆新鮮な空気のために◆
 

 鶏には、新鮮な空気も大切です。

 鳥インフルエンザや獣の侵入の予防のために、屋根も囲いも無しとはいきませんが、
全面の壁を金網にし、常に新鮮な空気の中で過ごせるようにしています。

 最近の養鶏場は、病原菌から隔離するために、窓すらもない完全な隔離棟で飼育する流れになってきています。

 寺町畑では、さまざまな病原菌と接触しても健康でいられるように、鶏自身の生命力を維持することが大切だと考えています。
 
 

◆輸入トウモロコシ?地元の米?◆
 
 「卵」の味・見た目に大きく影響するのが、「何を食べているか」ということ。

 一般的には、輸入トウモロコシを使います。
 量が安定しており、黄身の色も良くなります。

 しかしそこには、農薬や労働環境・輸送にかかる環境の負担など、さまざまな問題があります。


 寺町畑では、地元産の飼料米で育つ鶏も育てています。

 すべて無農薬の自家栽培米とはいきませんが、顔の見える関係の中で選ぶことができる意味は大きいと考えています。

 また、休耕田が増え続ける日本で飼料米の取り組みを少しでも応援したいという思いもあります。


 ご注文時に、「トウモロコシで育てている鶏のたまご」か「飼料米で育てている鶏のたまご」かを、お選びください。
 
 


◆レモン色の黄身◆
 

 
コメを食べた鶏のたまごの黄身は「レモン色」になります。

 普通の黄身が「黄色い」のは、トウモロコシのカロテノイド色素が移行したためで、ほとんどの養鶏場は、さらにパプリカなどを混ぜて色を濃くしています。

 味にはほとんど影響がないのですが、それでも、「黄身の色が濃いほど美味しい」という感覚は、私たちも持っています。


 寺町畑では、色を良くするために何かを混ぜることはしておりません。

 「見た目だけではなく、中身が大切」という考え方は、たまごも例外ではありません。
 
 


 ◆畑から野菜をもらい、肥やしを返す◆
 
 鶏は、出荷に至らなかった野菜や、畑の雑草をたくさん食べて育ちます。

 ビタミン、ミネラルなどの微量要素だけでなく、繊維をとることができ、血液を中和し健康にするなどさまざまな効果があります。

 手間のかかる作業なので一般的な養鶏場では与えられませんが、自然界では当たり前に行われていること。


 配合したエサよりも雑草を喜んで食べる鶏の姿が、それを証明してくれます。

 また、鶏の糞は鶏自身によって土とかき混ぜられ、発酵し、畑の肥やしとして使うことができます。
 
 

◆「物価の優等生」の代償◆
 

 
タマゴは、日本では「物価の優等生」と呼ばれ、ここ数十年も低価格を維持し続けています。

 その裏では、合理化の追求という形でさまざまな努力が続けられています。
 しかしそれによって、失われてきているものも多いのが現実です。


 「卵を食べる」ということは、「命をいただく」ことでもあります。

 近代養鶏のあり方が世界的に見直されており、EUではすでに従来のケージ養鶏は禁止され、アメリカでも規制する州が増えてきています。
 日本ではまだまだ進んでいませんが、それは養鶏産業だけの問題ではなく、「卵は安くて当たり前」という社会の意識が少しずつ変わっていくことが大切だと感じます。


 市場価格レベルまではどうしても下げられませんが、こだわりや思いを少しでも理解していただければ幸いです。
 
 
 
◆卵は洗いません◆
 
 ふつうの養鶏場では、殻の汚れを洗い流すために卵を次亜塩素酸ナトリウム溶液などの消毒層へ入れたり、高圧洗浄機や温水で洗い流したります。

 卵は呼吸しています。

 殻の表面には、クチクラ層という特殊な膜があり、これによって調整しているのですが、洗うことで大切なクチクラ層が失われてしまいます。

 「卵を洗わない」と言っても、汚れが付着しているわけではありません。
 人間の目で厳しくチェックしておりますので、ご安心ください。

 

 
◆保存方法・賞味期限◆
 
 
 
卵は温度変化に弱いので、集卵後すぐに冷蔵保存しております。

 そのため、ご家庭でも冷蔵保存をお願いいたします。

 直射日光が当たらず涼しい場所なら常温でも保存できますが、冷蔵に比べると劣化は進みます。

 賞味期限は、時期によって変わりますが、生食で2週間以内、加熱する場合は3週間以内でしたら安心してお使いいただけます。

 しかし、ヒビや割れがある場合は、劣化が進みますのですぐにお使いください。